*

クロスオーバー7の試乗してきました!レビューをご報告!

エクシーガクロスオーバー7は2015年4月に発売が開始されたエクシーガの後継車です。
ステーションワゴンの前エクシーガをベースとして開発されたアクティブなライフスタイルをテーマにした7シートのSUVとなっています。

エクシーガクロスオーバ-7が正式名称ですが車体ロゴを見てもわかりますがスバル的にはクロスオーバー7という名前で売り出したい様子です。

車と女性

子育て世代からその後の世代、40代から50代の方をメインユーザーとしており、たまに多人数を乗せることがあるという方にはうってつけの車でしょう。

今回そんなクロスオーバーSUVのクロスオーバー7の試乗をしてきました!
早速レビューをしていきましょう。

見た目の違いは外装はそう変わらず。違いはやはり内装。

クロスオーバー7

元がエクシーガだけにやはり外観はそれほど変わりません。
もちろん内部的に変わっている部分はありますがそちらは後述します。

そして内装ですがタン色、わかりやすくいえばオレンジ色とブラックのツートンカラーで統一されておりとても高級感を感じます。
ドアを開けてすぐ目に飛び込んでくるこの色は思わず唸りそうになります。
ハンドルまわりも基本デザインはエクシーガと同じですがこちらもタン色の装飾がされており差別化されています。

シートの座り心地も良く、運転席が良いのは当然として2列目3列目の使い勝手の良さが光ります。
2列目の足元のスペースをしっかり確保していながらそのまま3列目に座ってみても成人男性でもそれほど苦がない程度には足元のスペースが確保されています。
とはいえやはり2列目に比べればやはり狭いので長時間乗り続けられるとは生きません。
1~2時間が限界でしょうか。やはり緊急用の域ですね。

走行性能の変化

では走行性能について見てみましょう。
エンジン自体のスペックはエクシーガ時代とそう変わっていないため出力や燃費もあまり変わりません。
変わったのは車体サイズが大きくなったことと重量が上がったこと、あとは車高が10mm上がったことやショックアブソバー類の見直しが行われたことです。

その効果を実感するのが高速道路での巡航時でした。
高速道路でも場所によっては多少路面状態が良くないところもありますがそういった場面で発生するちょっとした振動などをまるで感じさせない走りです。
とても滑らかに走らせることが出来ました。
また、路面にうめりがあったとしても進路が傾いたりすることもなくしっかりと直進ができました。

もちろん多少の荒れ地の走行も問題なくこなします。
しかし流石にここまでくると振動はかなり拾いますね。とはいえ気になるほどのものではないと思います。

アイサイトは1世代前

注意点としてスバルの安全装置であるアイサイトが1世代前であるということが挙げられます。

違いとしては衝突回避能力の向上(30kmまでから50kmまでに拡大)したことやステレオカメラになったことで立体物の認識性能が上がったことや視野角が広くなったこと。
また、カメラがカラーになったことで赤色を認識できるようになりブレーキランプをしっかり認識できること。

これらの機能がエクシーガクロスオーバー7には搭載されていません。
しかし旧世代とはいえやはりあればあったで安全面が強化されるのでよしとするべきところでしょう。
元々安全装置があるといって過信した運転をしてしまうようでは意味がありませんからね。
お守り程度と思うべき部分ではあるでしょう。

旧世代とはいえ車間距離を調整して自動追従してくれるクルーズコントロール機能はやはり便利でした。
渋滞にかかった時にほぼ何もせず調整してくれるのは実に便利です。
これは実際に乗ってみて体感していただかないと楽さは伝わらないかもしれませんね。

元々エクシーガは完成度の高かった車でした。
しかしどこか地味で存在感が無いところがあったのが今回クロスオーバーSUVとして生まれ変わるに辺り、内装の高級感や使い勝手が見直されて実用性や所有感が向上しました。
また走行面ももちろん向上して全体的に大きな進化をしたといえます。

家族でロングドライブや旅行、ちょっとした悪路走行をする場面がある方や、積載性能を活かした使い方まで様々な用途でうってつけな価格から見ても決して安いとはいえなくてもハイコストパフォーマンスだと言っても良いのではないでしょうか。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と女性

ハリアーって実際の所どう?口コミから評価開始!

トヨタのクロスオーバーSUVであるハリアーは元々レクサスの1つのグレードでした。 それが2代目でハ

記事を読む

車と友人

CX-3その実力とは?口コミで評価を徹底調査!

2015年2月に発売されたばかりのマツダのクロスオーバーSUVであるCX-3ですがやはり気になる人が

記事を読む

no image

エスクードのフルタイム4WDの燃費はどうなんだろう?

スズキのエスクードはその歴史は結構長く1988年に登場しておりその後のクロスオーバーSUVの原型の1

記事を読む

クルマとカップル

CX-3を安く買いたい!値引きの限界を突破せよ!

2015年2月、発売が開始されたマツダのクリーンディーゼルエンジン車のCX-3ですが、やはりその車体

記事を読む

車と家族

ヴェゼルハイブリッドの実燃費は良いのか悪いのか?

都市型SUVでは、一番人気のホンダヴェゼル 販売台数もトップを突っ走ってます。 人気の秘

記事を読む

車と男性

アウトランダーphev の中古って補助金はどのくらい出るの?

アウトランダーPHEVは三菱自動車より2013年発売したクロスオーバーSUVです。 モーターとエン

記事を読む

車と夫婦

日産ジュークの口コミによる評価はどうなっているのか?

現在コンパクトサイズのSUVとして大きな人気を集めている日産のジュークですが、その人気は車体サイズの

記事を読む

車と女性

エスクード試乗レポート!乗るまで分からなかった事とは?

スズキのエスクードは1988年に発売されて以来、現在人気のあるクロスオーバーSUVの原型となった存在

記事を読む

車と男性

アウトランダーphevの燃費は悪い?実際どうなのか?

アウトランダーphevは2012年、三菱よりプラグインハイブリッド車として発売されました。 床下に

記事を読む

車と親子

スバルxvハイブリッドに搭載されているアイサイトの実力とは!?

元はインプレッサXVと呼ばれていたインプレッサのシリーズです。 3代目インプレッサをベースとしてク

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑