*

シャトルハイブリッド試乗!そして分かった乗り心地は…

ホンダのフィットシャトルシリーズから2015年、シャトルとして独立し、そして後継でもあるシャトルとして生まれ変わりました。
ファミリーカーの側面を持ちつつ、趣味やレジャーなどを楽しむ人たちにむけて設計、開発をされておりよりアクティブな走行が出来るようになった5ドアステーションワゴンです。

車と女性

シャトルにはガソリン車とハイブリッド車がありますがその内ハイブリッド車はフィットやヴェゼルのハイブリッド車に搭載されている7速DTCに発進時から電力のみで走行できる「SPORT HYBRID i-DCD」を使用しています。

フィットシャトルからシャトルへ生まれ変わる際、様々なフィットシャトルへの要望点をホンダは集め、開発に適応したと伝えています。

そんな新型シャトルハイブリッドはどういった乗り心地なのか?
今回も試乗して確かめてみました。

抜群の車内空間

シャトルハイブリッド

まずは車内を色々見て回ります。
とても広々としておりシートの質も上々、このあたりはほとんど注文をつけるような点は見当たりません。
独特というわけでも地味というわけでもない実に落ち着いた雰囲気です。
ダッシュボードはフィットに似てはいますがやはり差別化がされておりソフトパッドで覆われています。

後部座席に回って見るとこちらも広々としており頭上のスペースも十分確保されています。

嬉しいのが後部座席でもリクライニング可能である点です。
後部座席の快適性はかなりのものでしょう。

驚きの積載性能

やはりレジャー用に浸かって欲しいというシャトルですから積載性能は誰もが重要視する点です。
そしてその期待は予想以上のものとなるでしょう。

とにかく広い!めちゃくちゃ広い!これだけ広ければ文句無しにレジャーで何処へでも大荷物を積み込んで出かけられるでしょう。
後部座席を前に倒すことでさらに積載スペースを広くすることが出来ますがこの場合完全に床がフラットになるように設計されています。
これだけの空間があれば車内泊をしてもゆとりがあるでしょうね。

シャトルハイブリッドの走行

シャトルハイブリッドのエンジンは1.5Lアトキンソンサイクルエンジンにモーター駆動を合わせたものです。

車を発車させると最初はモーターのみで静かに走りだすのですがわりと早い段階でエンジンに駆動が引き継がれます。
しかしそれでもエンジンの振動、ノイズはほとんど感じられず見事なものでした。

路面からの振動や凹凸の衝撃もう受け流しの性能が高くゴツンと突き上げてくるような感覚はなく時折トンッと感じるくらいです。

エンジンパワーは思ったよりも有ります。
加速でもたつくような感じはあまりなく、結構素直に加速してくれました。

通常の乗用車に比べスピードが出るわけでも俊敏なコーナーリングが出来るわけでもありませんがそういいう走りを元々する車ではないのでそんな性能まで求めるものではないでしょう。
とはいえ通常のステーションワゴンとして見れば走行性を犠牲にしておらず、ハンドルは軽いしコーナーリングも車の後方が振られるような感じもなくするりと回りこんでくれました。

気になる点は高速道路で右車線からの追い越しをかけようとした時でしょうか。
ここで一気に速度を上げて追い越したいという所でなんというか今ひとつ反応が鈍い感じがありました。
この辺りは高速道路で走る場合は慣れが必要になりそうですね。
走りやすい速度は80km前後での巡航になりそうです。

そしてハイブリッドなんですから気になる燃費ですが町中で走行している時は19km/Lも出ていました。
渋滞というほどではありませんがノロノロとした状況が多かったにもかかわらずこの数字は凄いですね。
流石に渋滞に強いハイブリッド車といったところです。

しかし高速道路でも22.6km/Lという驚くような数字を発揮していました。
この数字はトヨタのハイブリッド車と互角に戦えそうな数字です。

今回シャトルハイブリッドの試乗をお送りしましたがいかがでしょうか?
広い驚きの積載スペースに手を抜かない走行性能、そして流石にハイブリッドらしい燃費性能とこれこそレジャーに遊びに使える魅力的なステーションワゴンとなっていました。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

運転する女性

アテンザワゴンの評価を口コミからまとめてみました!

マツダのアテンザワゴンは2002年カペタの後継車として誕生し、現在は三代目にあたりマツダのフラグシッ

記事を読む

車と家族

アテンザワゴンのガソリンとディーゼルエンジンの違いは何?

近年のマツダはCX-3やCX-5発売によりよりいっそうクリーンディーゼル車のマツダというイメージがつ

記事を読む

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッドの値引きを狙うには競合車が必要!

シャトルハイブリッドはフィットシャトルをベースとし、日常の足から使い方をレジャーなどへとよりアクティ

記事を読む

車と女性

アテンザワゴンの目標値引きラインを突破せよ!

2002年に誕生し現在は3代目となるマツダのアテンザは走りの性能と燃費の良さを追求し、両立させたまさ

記事を読む

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑