*

シャトルハイブリッドみんなの評価は?口コミを調べよう!

ホンダのシャトルは2015年に発売されてまだあまり間のないステーションワゴンです。

元々はフィットシャトルの後継の予定でしたがフィットとは違う独自の価値を生み出す為にフィットとは別のものとして、ベースとしてフィットを使っているものの別の思想をもって開発されました。

そして名前からフィットが外れ、シャトルとして独自の道を進むことになった車です。

車と男性

そしてシャトルには今の時代を反映してかガソリン車とハイブリッド車の両方が存在します。
特にシャトルハイブリッドは公式の燃費で34.0km/Lというとても高い数字を記録しています。

車体価格も228万円からと、このサイズのハイブリッド車としてはお手頃な部類となっています。
そんな気になるシャトルハイブリッドですが購入者の評価はどうなっているでしょうか?

今回も口コミを中心に調査してみました。

シャトルのエクステリア

シャトルハイブリッド

○車体デザインがフィットと違ってシャープになっていて高品質な感じがする。

○ドアパネルが安っぽい。

○フィットっぽさが少し強い。

○ヘッドライトがLEDになり薄型になったのでかっこいい。

○バックドアの開口部が想像以上に広く、便利。

○フィットに似てる感じはするが並ぶとやはり別物。

やはりまだフィットっぽいという意見がちらほらとありました。
それでも大体はシャープさを出したシャトルハイブリッドのデザインはかっこよくなったという意見がほとんどです。
特にヘッドライトのデザインが大きくシャープさを演出する効果を出しているようですね。

バックドアの開口部の広さはかなりの人が驚きとともに評価していました。
写真を検索してもらうと分かりやすいですがとても広く、正方形に近いので荷物の積み込みがしやすそうです。

シャトルのインテリア

○積載スペースがとても広い。

○内装の高級感が上がっている。

○小物を入れる場所が多くて便利。

○見た目は高級感があるが質感はそうでもない。

○メーターパネルのスタート演出がかっこいい。

○後部座席を前に倒すと完全にフラットになる。

○後部座席もしっかりとした広さが有る。

一番多かったのは積載スペースの広さですね。
それでいながら運転席、後部座席共に十分なスペースを確保しているのも見逃せない点です。

さらに後部座席を前に倒すと完全にフラットになる点も高く評価されていました。

運転席のメーターの演出がカッコイイとこちらも好評なようです。
タッチパネル操作が多い点は少し不安を覚える方も居るようですね。
タッチパネル操作はどうしても視線を前方から切る時間が増えてしまうので不安になるのは仕方ないかもしれません。

ほとんどは好意的な評価な評価でしたが見た目に高級感が上がっているのに対して質感はそうでもないということが少し指摘されていました。

シャトルの走行性能

○エンジン音がすごく静か。

○ハイブリッド車としては安い方。

○ホンダセンシングが装備されていない。

○スポーツモードにした時の走行がとても力強い。

○静音性がとても高い。

○気になるほどではないがノイズ音が少しする。

○燃費性能が凄い。

○コーナーでふらつかない。あっさり曲がってくれる。

○エコモードの走りだしはとても重いが走りだsr場とても爽快。

走行性能に冠する部分は否定的な意見はほとんど聞こえないくらいの高評価でした。
もちろんセダンなどのスポーツカーなどに比べて同等とはいかないのですがそういった点も指摘されつつ元からそこまでのものを求めていないという回答をされてる方がほとんどです。

燃費性能も素晴らしく高い点が評価されていますが同時にエコモードでの走行が発車時だけは重さが気になるものの走りだせば普通に走ってくれるなど、エコモードでも十分走れる点も評価が高くなっていました。

残念な点としてはホンダの安全装置でもあるホンダセンシングは装備されていない点ですね。
こちらはかなりの方が装備して欲しかったという意見を漏らしているのが見て取れました。

シャトルハイブリッドの口コミ調査をしてみて分かったのはほとんど否定的な意見が見られなかったということです。
確かに細かく不満点は出てきますがそれも大体は些細な事で言っている本人も細かいことだと前置きするくらいの程度のことでした。
特に走行性能で不満点を上げている人はほとんど見受けられずシャトルハイブリッドの完成度の高さをうかがえる結果となりました。

車体価格については賛否両論ありました。確かにハイブリッド車としては安い部類ですがそれでも200万円超えはしています。
決して安い買い物ではありませんが、これほどの好評価であることを踏まえればむしろ安いのではないか、という意見が散見されました。

みなさんはシャトルハイブリッドの評価をどう考えますか?

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車と女性

アテンザワゴンの目標値引きラインを突破せよ!

2002年に誕生し現在は3代目となるマツダのアテンザは走りの性能と燃費の良さを追求し、両立させたまさ

記事を読む

運転する女性

アテンザワゴンの評価を口コミからまとめてみました!

マツダのアテンザワゴンは2002年カペタの後継車として誕生し、現在は三代目にあたりマツダのフラグシッ

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と女性

アベンシスワゴンの評判を知るには口コミを色々見てみよう!

トヨタのアベンシスワゴンという車、あまり名前を聞かない感じがしますね。 それもそのはずでトヨタ製で

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴンには色々グレードがあるけど、どう違うの?

トヨタのアベンシスワゴン、なんと欧州からの逆輸入の形で国内で流通している車です。 その台数も総数1

記事を読む

車と女性

レヴォーグの人気のひみつを口コミから調査!

大人の男性に、人気のあるスバルレヴォーグ 最近では珍しいステーションワゴンという車種で、スポー

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッド試乗!そして分かった乗り心地は…

ホンダのフィットシャトルシリーズから2015年、シャトルとして独立し、そして後継でもあるシャトルとし

記事を読む

車と女性

大人気のレヴォーグの値引きの限界を調査してみました!

4代目インプレッサをベースとして開発されたステーションワゴンです。 コンパクトカー人気が最盛となっ

記事を読む

車とカップル

ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたステーションワゴンです。 初代

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑