*

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人が多いのではないでしょうか。

日本国内で発売されて通算11代目、名前がカローラフィールダーとなってからは2012年に3代目となり、ハイブリッドモデルとなるカローラフィールダーハイブリッドが2013年に誕生しました。

車と夫婦

そして2015年3月、マイナーチェンジが行われ様々な部分に手が加えられました。
特に大きな変更点としては安全装置の追加が挙げられます。

そろそろ車の乗り換えをしようと考えている方の候補でカローラフィールダーハイブリッドを候補にしている方にとってはその評価が大きく気になるところでしょう。

今回はネットの口コミを調べてカローラフィールダーハイブリッドの評価を調べてみました。

カローラフィールダーハイブリッドの口コミ

カローラフィールダー

○車体編

シートの座りやすく、疲れない

長時間乗っていても腰がすごく楽

スマートキー警告音が大きすぎる

シートヒーターは標準にしてほしかった

黒色のファブリックシートが誇りがつきやすく目立つ

後部座席でもリクライニング可能

前後とも足元のスペースがしっかりと広くて窮屈さは感じない

後部座席の天井が少し低い。狭さを感じるほどではない

プラスチック製の内装ではあるが安っぽさはそれほど感じない

小物を収納する所が少ない

荷物がたくさん積み込める

リアゲートが広く、積み下ろしがしやすい

後部座席を前に倒せばさらに広い空間ができる

後部座席を倒した場合、完全にはフラットにはならない

車体関連の評価では内装がプラスチックを使っている割に安っぽさがない点、シートが座りやすく疲れにくい点がよく評価されていました。

荷物室がとても広く、さらに後部座席を倒せばもっと広く使える点は特に大きく評価されています。
ただし、完全にはフラットにならない点には注意が必要そうですね。

室内空間も十分な広さを確保しているようです。
若干後部座席の天井が低いようですが気になるほどでは無さそうです。

よく指摘されていたのが細かいものを収納する場所がないという点でした。
特に前席はドリンクホルダーもないので標準のままでは置き場に困るようですね。

○走行性能編

メーターが見やすい

運転席からカップホルダーが遠い

マイナーチェンジ前に比べてハンドルがすごく軽い

人によってはハンドル操作が面白くなく感じる

純正ナビの地図が古すぎる

スイッチ類の照明が暗くて運転しながら操作しにくい

燃費が結構いい

高速でとばしすぎるとかなり燃費が悪くなる

モーターはパワー十分だがエンジンが弱い

エコモードでは坂道がしんどい

エンジンとモーターの切り替えは自然でいつ変わったのか気がつかない

暖房をつけると必ずエンジンがかかってしまう

エンジンブレーキが弱い

回生がかけやすい

高速道路でのステアリングが軽すぎる

安全装置のおかげで車の出し入れがしやすい

アイサイトのようなクルーズコントロール機能が欲しい

走行性能の面では一番あがっているのはやはり燃費の良さでした。
ハイブリッド車が得意な街乗りであればまず問題はなく希望値以上の数字を出してくれるようです。

高速道路でも燃費が良いという評価は多いのですが100kmを超えるととたんに燃費が悪化するという指摘もあります。
70km辺りが一番燃費がいいようですが高速道路でこの速度は色々問題が起きそうですので80km~くらいでなんとか走行したいところですね。

モーターのパワーは十分あり、発車時にストレスは無さそうですがエンジンがちょっと弱いという評価がけっこうあります。
スポーツカーのような走り方をする車ではありませんが気になってしまう部分かもしれません。

暖房をかけるとエンジンがかかってしまうという点はハイブリッド車は仕方がない点ではありますが指摘はやはり多いですね。
エンジンの排熱量が足りないのでどうしてもこうなってしまいます。
服を着込むことでなんとか対応したいところです。

安全装置に関してはほとんど評価について是非も描かれていることが愛rませんでした。
搭載されてからまだそれほど間もない、普段は完全に見えない所で動作している為だと思われます。

そうなるとやはり安全装置の機能を利用したアイサイトのクルーズコントロールのような機能が欲しいといった意見がちらほら出てくるのは中々面白いところです。

以上のようにカローラフィールダーハイブリッドの評価についてまとめてみました。
様々な意見が出ており、いいところもあれば気になってしまう部分もやはりあるようです。

走行面を求めないのであれば積載性と燃費性能は抜群ですので「急がないけど燃費が良くてたくさん積める車」が欲しいという方にはおすすめの車だといえますね。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

運転する女性

アテンザワゴンの評価を口コミからまとめてみました!

マツダのアテンザワゴンは2002年カペタの後継車として誕生し、現在は三代目にあたりマツダのフラグシッ

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッドの値引きを狙うには競合車が必要!

シャトルハイブリッドはフィットシャトルをベースとし、日常の足から使い方をレジャーなどへとよりアクティ

記事を読む

車とカップル

ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたステーションワゴンです。 初代

記事を読む

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車と男性

ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で活躍しています。 その機能性

記事を読む

車と男性

アテンザワゴンのディーゼルエンジンその走りの性能は?

近年、排ガス規制が進む中で自動車メーカーは競うように環境に合わせたエコカーを開発するようになってきて

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑