*

アベンシスワゴンの評判を知るには口コミを色々見てみよう!

トヨタのアベンシスワゴンという車、あまり名前を聞かない感じがしますね。
それもそのはずでトヨタ製ではありますが生産はイギリスで行われており、日本には逆輸入という形で入ってきている車です。

車体デザインは欧州車らしいキレのあるラインで日本の車とはおどこか違う佇まいになっています。
ワゴンとしては中々異質な感じがしますね。

車と女性

アベンシスワゴンは長らくモデルチェンジが行われずに継続していましたが2016年、ついにモデルチェンジが行われることになりそうです。

モデルチェンジが行われると先代中古車の市場は一気に活発になります。
もちろん新型を狙う方もいるでしょう。
今回はアベンシスワゴンの再確認をするためにも評価を口コミで調べてみましょう。

アベンシスワゴンのエクステリア

アベンシスワゴン

欧州車らしいかっこよさがある

車幅が広くて駐車しづらい

狭い道に入れない

ボディーカラーが少ない

ホイールがすぐ汚れる

国内であまり見かけないので目立てる

車体サイズの割に小回りがきく

後方の視界が悪い。バックモニタがないと不安

国産車にない、欧州車らしい車体デザインがやはり一番評価の良い点でした。
同時に国内での走っている数が少なく、車好きな人の中でも目立てるという点もあります。
しかしこれは逆に悪目立ちしてしまうこともありうるという点は注意が必要ですね。

車体サイズも気にしている人が多かったようです。
特に欧州車らしく横幅が広いので場所によっては立体駐車場に入れなかったりするようです。
車体サイズはしっかりと頭に入れておかないとでかけたあとで困ることになりそうです。

しかしそんな車体サイズのわりに、小回りがききやすいという評価がよくみられました。

不満点として目立つ中にブレーキダストの酷さが有りました。
雪国で活躍する車なのでその辺りが影響しているようですが手入れはちょっと大変そうですね。

アベンシスワゴンのインテリア

後部座席を倒せば大人でも寝られるので車中泊しやすい

積載性が良く、荷物もたくさんのせられる

座席はあまり広くない

内装が安っぽい

アームレストが使いにくい

メーターやコンソールはスポーティな感じがしてかっこいい

後部座席にエアコンの風が届きにくい

ウインカーが左右逆で戸惑う

インテリアについてはあまり重要視している人が居ないのかあまり表記している人が居ませんでした。
気になる点としては積載性の良さ、荷物室の広さですね。
十分な余裕があるので車中泊がしやすそうです。

対して座席は車体サイズに割りにそれほど広いというわけでは無さそうです。
しかし窮屈だという意見が多かったわけではないので必要十分にはありそうです。

その他、欧州仕様で日本人向けになっていないせいかアームレストが使いにくかったり、ウインカーレバーが左右逆だったり物によっては驚いてしまうようなものもありますが逆輸入ならではと言って良いのかどうか迷うところです。

アベンシスワゴンの走行性能関連

乗り心地が良い

ハイオク仕様なのでランニングコストがかかる

見た目に反して走行性能はそれほど高くない

高速道路を長時間走るのが楽でいい

燃費があまりよくない

峠を攻めるような車ではない

2リッターエンジンのわりに燃費がイマイチ

静寂性が高い

安全装置が充実している

足回りが少し硬い

雪道での安定感の高さがすごい

希少かつ輸入車なのでカスタム居パーツが少ない

雪国暮らしなのでとても頼れる

足回りがトヨタらしくないくらいガッシリしている

コーナーを思った以上にキビキビと回ってくれる

走行性能に関しては意見が結構割れている部分もあります。
特に乗り心地は欧州仕様のため、トヨタ車にしては固めの設計となっており人によっては乗り心地を悪いと感じる人も。

走行性能はとにかく安定感の高さが評価されています。
コーナーも直線も気持ちよく走れると評判も上々です。
とはいえあまり峠などを攻めるような走りは苦手なようですね。

また評価の高かった点で、雪道での走破性の高さが高く評価されています。
やはり冬場は雪に覆われてしまう所が多い欧州で人気の車だけあり、安全装置も雪道でこそ本領を発揮するようになっているようです。

降雪地帯で暮らしている方には強い味方になりそうです。

気になる点としては燃費の悪さでしょうか。
酷い、というほどでもないのですが2リッターエンジンにしては少し物足りないという意見が散見されました。

他にも希少な車ゆえにカスタムパーツが少なく、アレンジがしづらいという話も出ていました。
これは逆輸入あらではのジレンマですね。

アベンシスワゴンは調べてみると逆輸入ゆえの希少さに加え、それゆえに発生する問題と利点どちらも併せ持っているようですね。
魅力も多い車ですが不利になってしまう点を許容できるかどうか、そこが問題となりそうです。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車と男性

アテンザワゴンのディーゼルエンジンその走りの性能は?

近年、排ガス規制が進む中で自動車メーカーは競うように環境に合わせたエコカーを開発するようになってきて

記事を読む

車と家族

アテンザワゴンのガソリンとディーゼルエンジンの違いは何?

近年のマツダはCX-3やCX-5発売によりよりいっそうクリーンディーゼル車のマツダというイメージがつ

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車と女性

大人気のレヴォーグの値引きの限界を調査してみました!

4代目インプレッサをベースとして開発されたステーションワゴンです。 コンパクトカー人気が最盛となっ

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車とカップル

ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたステーションワゴンです。 初代

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑