*

アベンシス ワゴンには色々グレードがあるけど、どう違うの?

トヨタのアベンシスワゴン、なんと欧州からの逆輸入の形で国内で流通している車です。
その台数も総数1200台程度と言われており中々希少な数字です。

その実態もオシャレな内装や外装などとは違い、人を乗せて荷物を遠くまで一緒に運ぶ、その為の純粋なワゴン車として欧州の気候に合わせた設計されています。

日本企業であるトヨタのアベンシスワゴンは他の欧州メーカー、フォルクスワーゲンやオペル・フォードといった大企業と互角に現地での人気が高いことを見てもその人気ぶりが伺い知れますね。

車と男性

アベンシスは英国で生産されワゴンとセダンが存在し、FFと4WDが設定されています。
またそれぞれに2つのグレードが存在し、標準的な仕様のアベンシスワゴンXiとより装備が充実したアベンシスLiとに分かれています。

アベンシスワゴンXi、アベンシスLiどう違う?

アベンシスワゴン

基本的な設計自体はそれほど両車とも変わりはありません。
目立つ違いは内装が大きく変化している点でしょうか。

シート表面の表皮が本革に変更され、その他様々なところに木目調の装飾が施され、より高級感を演出して差別化を図っています。

また長距離運転をする際にはうれしいクルーズコントロール機能も装備しています。

その他フロントフォグランプ、17インチのタイヤとホイール、AFBディスチャージ付きライト、サイドエアバッグ・を装備している点も違いですね。

価格はアベンシスワゴンXiが250万円、アベンシスワゴンLiが275万円とLiの方が25万円ほど高いようです。

走行時の違いは?

今回はアベンシスワゴンLiに乗って感じた違いを書いてみます。

まず17インチのタイヤとホイールになったことで運動性能がアップしました。
特に中高速域の安定感が向上したことがよくわかります。
グリップ性も向上し、ブレーキの路面への抵抗が増え、より制動力が高くなっています。

またタイヤの変形が減るため、コーナーリングの安定感が大きく向上しました。

反面、路面の衝撃を拾いやすくなり、乗り心地に悪影響があるようにも感じます。

またスバルのアイサイトほどではありませんがクルーズコントロールの存在も運転を大幅に楽にしてくれる要素となっています。
特に高速道路などで一定の速度で走り続ける場合に便利な機能となるでしょう。

ベンシスワゴンはどんな人向け?

機能性よりも実用性、しかしできれば見た目くらいはスタイリッシュなワゴンがほしい方ですね。
とにかく安定感の良さが目立ちます。
しかし車幅がとても長いので安定感を有無と同時に狭い道や立体駐車場へ乗り入れしづらいということもあります。
この辺りは注意が必要でしょう。

とにかく安定して遠くまで人と荷物を運ぶための車です。
高速道路での移動が多い方や遠方までレジャーへ出かけることが多い方にはちょうど良いのではないでしょうか。

また欧州といえばやはり雪が多いことが分かる通り、アベンシスワゴンも雪道での走行性能はとても高いものになっています。
横滑り防止の機能を持っており、この性能が素晴らしく高く、アイスバーンの上でも安定感を実感できます。

2WDでもチェーンをしっかり装着しておけば雪道の上り坂でもガンガン登ってくれますがやはりここはオススメなのが4WDです。
燃費は多少下がってしまいますが、雪道での安定感は大きく向上し、欧州車としての本来の性能を発揮させるならやはりこちらでしょう。
アベンシスワゴンは降雪地帯に暮らす方に大きな力となってくれるはずです。

また、その荷物室の広さを利用した車中泊にも適しています。
荷物室の広さは1560×1110、後部座席を倒せば多少の傾斜は出来ますが1560×1920もの広大なスペースが確保できます。
大人二人が余裕で横に並んで寝ることが出来るスペースですね。

また後部座席を倒さなくても斜めに寝れば身長170cm程度の方であれば足を伸ばして寝ることが出来るでしょう。
夜遅く出発して日が昇る前に目的地へ付いてから少し仮眠をするというスタイルの方がよく利用している記事もよくみかけますね。

なかなかクセがあるアベンシスワゴンですが利用目的は幅広く使えるようです。
車幅の問題から普段使いは少し取り回しが大変かもしれませんが意外に小回りが効くので日常使いが出来ないわけでもありません。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車と女性

レヴォーグの人気のひみつを口コミから調査!

大人の男性に、人気のあるスバルレヴォーグ 最近では珍しいステーションワゴンという車種で、スポー

記事を読む

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車と女性

アテンザワゴンの目標値引きラインを突破せよ!

2002年に誕生し現在は3代目となるマツダのアテンザは走りの性能と燃費の良さを追求し、両立させたまさ

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と家族

アテンザワゴンのガソリンとディーゼルエンジンの違いは何?

近年のマツダはCX-3やCX-5発売によりよりいっそうクリーンディーゼル車のマツダというイメージがつ

記事を読む

車と男性

ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で活躍しています。 その機能性

記事を読む

車と男性

シャトルハイブリッドみんなの評価は?口コミを調べよう!

ホンダのシャトルは2015年に発売されてまだあまり間のないステーションワゴンです。 元々はフィ

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑