*

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名ではないでしょうか。
そんな強豪メーカーがしのぎを削りう中、日本のトヨタの車であるアベンシスワゴンが欧州の中でも高い人気をもっています。
車体デザインもトヨタらしさを残しつつどこか欧州風なスタイリッシュなデザインとなっています。

車と男性

インテリアも懲りすぎず地味すぎずと、適度におしゃれな感じになっておりもっぱらワゴンとしての本懐である人と荷物を乗せて長距離走ることに専念した仕様になっています。

英国での生産なので日本には逆輸入の形で入ってきていますが台数はあまり出回っておらずレア車の部類になっているようですね。

そんなレア車、アベンシスワゴンを中古で購入する場合、気になるのはその相場でしょう。
今回はアベンシスワゴンの中古価格相場を調べてきました。

アベンシスワゴンの中古車販売相場

アベンシスワゴン

2011年モデル 130万円 から 170万円

2012年モデル 140万円 から 190万円

2013年モデル 150万円 から 200万円

2014年モデル 160万円 から 210万円

2015年モデル 170万円 から 220万円

基本的に年代が古い方から新しい方に向けて価格は上昇していきます。
2012年と2015年にてマイナーチェンジが行われており、この前後で価格の変動幅が少し大きい場合があるようですが相場で見てみると数字には現れておらずおおそよ平均的に上昇しているようですね。

しかし2016年にはモデルチェンジが予定されています。
ひょっとすると中古車市場の大きな変動が起きるかもしれませんね。
注意して状況を見ていきたいところです。

中古車購入時のチェックポイント

アベンシスワゴンに限らず中古車を購入する上で必ず実車を目視で確認することが大事であるとされています。
理由としては中古車には修復履歴が必ず付くのですが、この修復歴というものが中々曲者でして場合によっては事故経験車であるにも関わらず修復歴無しとされる場合があります。

特定の部品(ルーフパネル・ダッシュパネル・フレーム・フロントインサイドパネル・ラジエターコアサポート・フロントクロスメンバー・ルームフロアパネル・ピラー・トランクフロアパネル)を交換、または修正した場合は修復歴有りとみなされます。
つまり軽微な事故を起こして上記部品を交換・修理していない場合、修復歴無として表記が可能となります。

他の言い方をすればドアやフロントガラス、ボンネットやバンパー等軽い接触を起こしやすい部分が損傷したぐらいでは修復歴無しとして販売が可能となります。

この理由により必ず修復歴のみではなく目視での確認が重要とされているわけです。

・外装のチェック

全体をくまなく見ていきましょう。
可能であれば日の差す時間帯を選んだほうが凹凸やキズの修正後、塗りムラを発見しやすくなります。

・内装のチェック

シートの汚れや経年劣化、ヨレをはじめハンドルやシフトレバーの操作感をまずは確認します。
タバコを吸わない人にとっては前オーナーの喫煙率でしょう。
臭い自体はクリーニングでもだいぶ落とせますがヤニ汚れはなかなかごまかせません。
調べる方法は足マットをめくってみることです。
普段ヤニに振れない部位なので喫煙が多かった場合、この部分と色の差が大きくなるはずです。

・エンジン動作の確認

一般の方がこの動作が正常かどうか判断するのはなかなか難しいところです。
最低限オイルに冠する部分は確認しておきたいですね。
特にエンジンのトラブルではオイル漏れは一番多いのでその痕跡であるオイル汚れがあるかどうかを確認しましょう。

また、オイルの交換時期も見ておくべきでしょう。
通常ならば3000~5000kmで交換するところですが人によっては全然交換していなことなどもありえます。
メンテナンス記録が大体の場合残っているはずなので必ず確認しましょう。

中古車というのは価格だけで決めると危険な場合がとても多くあります。
少しでも良い状態のアベンシスワゴンを手に入れるためにも最低限の確認は必要となるでしょう。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と女性

アテンザワゴンの目標値引きラインを突破せよ!

2002年に誕生し現在は3代目となるマツダのアテンザは走りの性能と燃費の良さを追求し、両立させたまさ

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車と女性

アベンシスワゴンの評判を知るには口コミを色々見てみよう!

トヨタのアベンシスワゴンという車、あまり名前を聞かない感じがしますね。 それもそのはずでトヨタ製で

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッド試乗!そして分かった乗り心地は…

ホンダのフィットシャトルシリーズから2015年、シャトルとして独立し、そして後継でもあるシャトルとし

記事を読む

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴンには色々グレードがあるけど、どう違うの?

トヨタのアベンシスワゴン、なんと欧州からの逆輸入の形で国内で流通している車です。 その台数も総数1

記事を読む

車と女性

大人気のレヴォーグの値引きの限界を調査してみました!

4代目インプレッサをベースとして開発されたステーションワゴンです。 コンパクトカー人気が最盛となっ

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑