*

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。
特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もなく気ままに走らせるという自由なスタイルですがどうしても問題となるのは祝泊場所の問題です。

食事は自由に可能ですしお風呂も最近は道の駅やそのた銭湯、場所によっては温泉のみ入れる宿なども増えています。
しかし宿泊場所を決めずに移動得する場合、突然探そうにもすぐには見つからないし見つかっても高い宿ばかりなんてことも多いでしょう。

車とカップル

そこでこういった旅スタイルにちょうどいいのが車中泊です。
中でもある程度の走行性能を持ち、長いラゲッジスペースを確保しているステーションワゴンは車中泊には適した車種のひとつです。

車中泊に適していると言われるステーションワゴンはいくつかありますが、今回はその中でも日産のウイングロードをピックアップしてみました。

大人2人なら余裕、+子供1人でも車中泊可能

ウイングロード

さてウイングロードでの車中泊の性能ですが、ラゲッジスペース自体は168cmと若干狭いのですが、助手席側は完全に前に倒すことができるので身長180cm超えの方でも余裕を持って寝ることが出来ます。

運転席側でも身長170cm程度であれば十分な余裕をもって寝ることが出来るでしょう。
助手席側を倒した場合、段差もなく空きも気にならないくらいでなだらかな傾斜になってくれるます。

横幅は大人2人なら十分なスペースがあります。
ここに子供1人が増えた場合、余裕があるといえるほどではありませんが3人並んでの就寝も可能でしょう。

後部座席を倒した場合ですが、この部分は完全にフラットになってはくれず若干の傾斜があります。
ゆったりと寝る為には車中泊用のマットを用意しておくべきでしょう。
社外品でも様々なタイプが販売されていますので探してみると良いでしょう。

シートを倒す方法ですが手動ではいちいち前部座席、後部座席とドアを開けながら倒していくことになりますがウイングロードはレバーひとつで前後どちらのシートが倒すことが可能です。
リアゲートからでも開口部内側っすぐ横にレバーがありここからでも前後とも自動で倒すことが可能となっています。

また、ラゲッジムームのリアゲート側には引き上げると背もたれになり開口部がベンチになる機能があります。
車中泊以外のちょっとした休憩や、車を乗り入れられるキャンプ場などでリアゲートを雨よけや日避けにしつつベンチを椅子代わりにテーブルを地面に置いて軽く一杯、などという使い方もできます。

ウイングロードは車中泊可能なステーションワゴンとしてはちょっと狭い部類では有りますが機能性は十分であるといえますね。

車中泊に有ると便利なもの

まずは最低限必要な物として上記でも触れましたが下に敷くマットです。
ウイングロードに限った話では兄のですがラゲッジルームはとても床が固く、そのまま寝転がるには無理があります。
緊急時は仕方ないにしてもはじめから車中泊を予定しているのであればマットは必ず用意したいところですね。

真冬には寝袋を必ず用意してください。
車の中だから背く無いのではないかとも思いがちですが以外に物凄く冷え込みます。
人によっては布団を積み込む方も居るほどです。
特に山間部では冬以外でも予想外の冷え込みになることがあります。
必ず寝袋を最低でも用意してください。

難しいのは夏場です。
夏も冬もどちらでもですが車中泊においてエアコンの使用はPHV車でもない限りご法度です。
なのでエアコン無しで暑さを凌ぐことになりますが避暑地ならばまだなんとかなりますが平地の場合、窓を閉めきって寝るのはかなりキツイものがあります。

かといって窓を開け放っては蚊をはじめ虫が入り込み放題になってしまいます。
ではどうしたら良いのかと言えばこちらも社外品を使っていきます。

こういった車中泊やキャンプをする人に向けた製品で車の窓用の取り付け式の網戸が販売されています。
これを使うことで最低限の虫対策が可能となるでしょう。
ラゲッジルーム開口部用の網戸も販売されていますので場所によってはこちらを使うのも良いでしょう。

ただ、この場合気をつけたいのが防犯です。
特にラゲッジルームはがら空きなので気をつけたいですね。
窓の方も就寝時は外からてを突っ込んでロックを開けられない程度に窓を上げて置きましょう。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と女性

アベンシスワゴンの評判を知るには口コミを色々見てみよう!

トヨタのアベンシスワゴンという車、あまり名前を聞かない感じがしますね。 それもそのはずでトヨタ製で

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッドの値引きを狙うには競合車が必要!

シャトルハイブリッドはフィットシャトルをベースとし、日常の足から使い方をレジャーなどへとよりアクティ

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と女性

カローラ フィールダーハイブリッドでの車中泊は快適か?

国内では3代目、通算歴代では11代目となるカローラフィールダー、そしてそのハイブリッドモデルは201

記事を読む

車と男性

ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で活躍しています。 その機能性

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と男性

アテンザワゴンのディーゼルエンジンその走りの性能は?

近年、排ガス規制が進む中で自動車メーカーは競うように環境に合わせたエコカーを開発するようになってきて

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車とカップル

ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたステーションワゴンです。 初代

記事を読む

車と男性

シャトルハイブリッドみんなの評価は?口コミを調べよう!

ホンダのシャトルは2015年に発売されてまだあまり間のないステーションワゴンです。 元々はフィ

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑