*

アイサイト対応車種のそれぞれの特徴をまとめました

公開日: : コラム

アイサイトとは富士重工と日立が開発した衝突を未然に防ぐ、または軽減させるブレーキシステムのことを言い、スバル製の車に搭載されている最新技術です。

交通事故

アイサイトってどんなシステム?

このシステムは車内から前方を2つのカメラで撮影して障害物を監視しています。
2つのカメラで撮影することで障害物との距離を正確に把握して前方車両との適切な距離を保ったり危険が発生した時は自動ブレーキをかけたりします。

アイサイト

また、一定速度以上で車がふらついた時や車線を踏み越えた時などに警告を発する機能も持ちます。
信号などで停車した時、再度発車した時3m以上離れたのに自分の車が発車しない場合にもお知らせするなどの機能もあります。

アイサイトが搭載されているスバル車は?

アイサイトは2015年現在、MTへの搭載は行われておらずAT、もしくはCVT車両のみに限られています。
MTでのブレーキコントロールは思わぬタイヤロックを招きかねないというのが理由のようです。
今のところ以下の10台に搭載がされています。

○レヴォーグ
インプレッサをベースに開発された5人乗りのステーションワゴン。
レギュラーガソリン車でありながらターボ搭載な点が特徴。
日本の道路事情に合わせた設計で小回りが効きやすい。

○WRX S4
元はインプレッサのスポーツタイプの名称だったものが独立。
三代目のマイナーチェンジの時にスバルWRXという名称になった。
現在は完全に別の車種として開発が継続していてミドルサイズセダンとして定着している。

○レガシィ B4 / アウトバック
初代は1989年と歴史が長く、当時の経営難の中、過去のプラットフォームから決別し、
完全に新規の設計で生まれた。B4とアウトバックは6代目に相当。
B4はスポーツタイプセダンとして、アウトバックはステーションワゴンとして開発されている。

○インプレッサ スポーツ / G4
他の車種がモデルチェンジに伴い大型化していく中、車体サイズをできるだけ抑えて進化を続けている。
「走りの気持ちよさ」をテーマに5ドアのハッチバック型を「スポーツ」
4ドアのセダン型を「G4」と名称を固定させた。

○フォレスター
オンロードからオフロードまで様々な状況下の走行を想定されつつ、
舗装された道路での走行性を高さを保っている。5ドア、クロスオーバーSUVに属する。
SUVとしては車高の高い方ではあるがそれを感じさせないコーナーワークが楽しい1台。

○XV XVハイブリッド
インプレッサをベースに悪路走破性を高めた5人乗り5ドアクロスオーバーSUV。
低重心設計により舗装路での走行の安定性の高さが光る。
コーナーが続くワインディングなどでその性能を発揮する。
2013年、ハイブリッド型が発表。その非常に高い燃費性能が好評を博した。

○エクシーガクロスオーバー7
元はエクシーガとして2008年より製造開始され、2015年4月に大幅に変更された
クロスオーバーSUVとして誕生した。7人乗り5ドア。
元となるエクシーガはミニバンであったがそれを転向させた車種。
専用サスペンションや前後のバンパー、などなど、SUVらしさを強調している。

絶対に安全、というわけではない

最後にアイサイトというシステムは緊急時のブレーキ操作を補助するシステムであってシステム自体が事故を回避するというものではありません。
また、機械である以上誤認の可能性は捨てきれず本来機能するべきところで機能しないことがあったりもします。
元より車を運転するにあたり絶対の安全というものは存在しないことはだれでもわかるとは思います。
アイサイトもまた絶対ではないことを認識して「付いているが存在しない物」と考えるくらいに
しておいたほうが良いでしょう。下手に信頼しすぎて油断していては思わぬ大事故になりかねません。

アイサイト自体は素晴らしい先端技術の賜物です。しっかりと機能してあなたが安全運転を心がけていればもしあなたの不注意以外で起きそうになった事故の場合、きっと助けになってくれることでしょう。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

中古車

安すぎる中古車はこんなに危険!買って損する中古車とは?

安いほど嬉しいお買い物。そんなお買い物ですが車とは言わば命を運ぶ鉄の塊と呼べる代物です。 そんな車

記事を読む

燃費

価格が安く、燃費のいいミニバンをいくつか紹介!

みなんさん節約してますか? ニュースでは株価が右肩上がりだの景気がゆるやかに回復だの報じられてはお

記事を読む

保険

中古車を買う際に最初にかかる保険料は大体どれくらい?

中古車を買う場合、避けて通れないのが保険の加入です。 余計にかかる費用と感じてしまうかもしれません

記事を読む

査定

車を高く売るために気を付けるべきこととは?

みなさん愛車は大事に扱っていますか? 大事に扱えば扱ったなりに、乱暴に扱えば扱ったなりにその恩情と

記事を読む

査定

車はどこで売る?一番得ができる車を売る「場所」とは?

車の乗り換えを考える時、選択肢に上がってくるのが車の下取りです。 さて、ここで下取りと言ってもどこ

記事を読む

生活保護

生活保護で車を持っていると生活保護を受けることはできないの?例外はないのか?

基本的に車の保有は認められていない 生活保護受給者は、基本的に自動車の保有は認められていません。

記事を読む

車検工場

誰でもできるディーラー車検を安くするコツとは?

車検といえば誰もが憂鬱になる出費の代名詞ではないでしょうか。 特に問題が起きても居ないのに強制的に

記事を読む

悩む女性

シエンタとモビリオの違いは?どっちが買い?

シエンタとモビリオといえばどちらもコンパクトでありながら多人数を乗せられるファミリー向けとしてはとて

記事を読む

運転する女性

高速道路を走るなら、軽自動車は向いていない?

軽自動車といえば小回りが効いて街乗り性能としては抜群に使いやすいのが特徴です。 しかしその軽自動車

記事を読む

チャイルドシート

チャイルドシート2台取り付けるなら、どんな車がおすすめ?

みなさん車選びの基準はどのような事を考えています? 一人で近場を回るだけ。友人家族と遠距離旅行へ行

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑