*

アテンザワゴンの評価を口コミからまとめてみました!

マツダのアテンザワゴンは2002年カペタの後継車として誕生し、現在は三代目にあたりマツダのフラグシップモデルに指定されている車種です。

デザインの良さや軽油で走れる事、その燃費が非常に良いということで人気を得ている車ですが、実際の口コミ評価はどんなものでしょうか?

運転する女性

いろいろピックアップしてみましょう。

ここが良いよアテンザワゴン

・足まわりがとてもよい

・操縦安定性が素晴らしい

・乗り心地が良い

・凹凸の多い悪路でも振動が少ない

・高速道路の燃費が素晴らしく良い

アテンザワゴン

・軽油で走れるためランニングコストがとても安く済む

・走行性能の高さのわりに静寂性が高い

・素直にカッコイイ。野性的なフォルム

・エンジンのトルクがすごくよい

・軽くアクセルを踏むだけでキツイ坂でもどんどん登れる。

・腰痛持ちでも楽に運転ができる

・シートが凄く座りやすい

・標準でも必要十分な装備

・本革仕様のインパネが高級感があって良い

・ハンドリングが軽い

・女性でもハンドル回しで疲れにくい

・車体重量の割に重さを感じない

・ディーゼルエンジンではあるが意外とキビキビと加速してくれる

・ワゴンなのにおしゃれな外観

・めっちゃ目立つ

・公道を走るだけなら申し分ないパワー

・エンジン音が心地よい程度に聞こえる

・思ったより取り回しがしやすい

・冬場以外なら24km/Lは出る

・最新の安全装備が全グレードで標準装備されている

・日本車にはないデザインで優越感に浸れる

・片道5~10km程度のチョイ乗り通勤でも13~15km/Lくらいの高燃費が出る

ここがダメだよアテンザワゴン

・ガソリン車よりはローコストだが道が詰まりやすい一般道ではハイブリッドに劣る

・運転席周りのペットボトルを置くスペースが少ない

・内装が全体的に安っぽい

・シートベルトが薄すぎて心配になる

・Aピラーが結構太く、左右確認の時気になる

・回生が強く下り坂で速度が落ちすぎる

・トルクは良いが加速が弱い

・内装の配色センスに疑問

・ボディサイズがでかい

・小回りがきかない

・収納スペースが狭い

・横幅が思ったより広く、狭い道で気を使う

・バッテリーの交換費用がでかい

・後方の視界が悪い

・車体が大きい割に見た目より車内がおもったより狭い

・故障時の修理代が高い

・左右片側だけ窓を開けると共振音がする

・車体価格が高い

・ヘッドレストの位置が変更できない

・リアシートが狭い

・値段のわりに内装が貧弱

・自動ドアロックがない

・車体が長く駐車場が狭いと難儀する

・夜間のスイッチ類の操作が見づらい

・免許取りたての初心者向きではない

・足まわりがちょっと硬い(好みによる)

・オイル交換の周期が短い。5000kmくらいで必要になる

・フケ上がる爽快感がない

アテンザワゴンの口コミ総評

いかがだったでしょうか。
ネットを中心に口コミを見て廻りましたが分かったことは意見がハッキリと良し悪しが別れていて「アレはとてもいい!」「いいやアレは全然ダメだ!」といった意見の割れ方をしていることがほとんどなかったことが特徴的でした。

やはり特徴的だったのが燃費、ランニングコストでした。
カタログ数値でも19.6km/L~22.2km/Lもあり実燃費でも平均14km/Lをたたき出しています。
走り方によってはカタログ数値を超えることもあるようです。
そして何と言ってもディーゼルエンジン、軽油で走れるという点は価格も安くローコストです。

反面、街中での車が混み合いやすい場面では能力を発揮しきれず、ハイブリッドカーに劣るようです。
また、車体価格も高く、最新の精密機器であるため故障時の修理費も中々高く付きます。
アテンザワゴンで高燃費で維持費を浮かせるためには大事に長く乗り続ける必要があります。

デザイン面では外装の高評価がよく見受けられました。国産車にはない攻撃的なフォルムが好評なようです。
しかし内装は残念ながら評価は低く車体価格の割に安っぽいという評価が多めです。

また運転席に関してはスイッチ類にライトが装備されておらず、夜間操作する際に見づらいという意見がたくさんありました。

走行面に関しては車体サイズが賛否両論に、その車体の長さから高速運転の安定性が良く、反面小回りが効きづらく狭い道や駐車場で少々難儀する局面も。

ディーゼルエンジン特有のトルクの強さで坂道をガンガン登ってくれる反面、加速が付きにくいといった意見もありました。

以上のまとめからアテンザワゴンは高速の直線進行に強く、小回りは効かない、坂道には強いが加速は弱い。
車体デザインはいいがと内装デザインは割り切りが必要。非常にローコストな燃費だが車体価格に見合うには長期間乗り続けなければならない。
そんな特徴を持った車であると言えそうです。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と男性

アベンシス ワゴンには色々グレードがあるけど、どう違うの?

トヨタのアベンシスワゴン、なんと欧州からの逆輸入の形で国内で流通している車です。 その台数も総数1

記事を読む

車と家族

アテンザワゴンのガソリンとディーゼルエンジンの違いは何?

近年のマツダはCX-3やCX-5発売によりよりいっそうクリーンディーゼル車のマツダというイメージがつ

記事を読む

車と家族

カローラ フィールダーハイブリッド高速道路の燃費徹底調査!

カローラフィールダーはカローラツーリングワゴンの後継として2000年8月に誕生しました。 カローラ

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッド試乗!そして分かった乗り心地は…

ホンダのフィットシャトルシリーズから2015年、シャトルとして独立し、そして後継でもあるシャトルとし

記事を読む

車と女性

アテンザワゴンの目標値引きラインを突破せよ!

2002年に誕生し現在は3代目となるマツダのアテンザは走りの性能と燃費の良さを追求し、両立させたまさ

記事を読む

車と男性

アテンザワゴンのディーゼルエンジンその走りの性能は?

近年、排ガス規制が進む中で自動車メーカーは競うように環境に合わせたエコカーを開発するようになってきて

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と女性

大人気のレヴォーグの値引きの限界を調査してみました!

4代目インプレッサをベースとして開発されたステーションワゴンです。 コンパクトカー人気が最盛となっ

記事を読む

車と女性

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンはどこが違うの?

2014年の6月にスバルレガシィツーリングワゴンが生産終了になりました。 生産終了後少しの間は

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑