*

徹底比較!シエンタ VS フリード どっちを買うべき!?

公開日: : トヨタのミニバン, ミニバン

2015年7月、トヨタのシエンタはついにフルモデルチェンジとなり2代目となりました。
大きく見た目も変化してまるで別の車のようです。

さて、シエンタには長年のライバルが存在しています。そう、ホンダのフリードです。

車と女性

こちらは2008年より登場して未だフルモデルチェンジがされていません。
おそらくは間もなくされるだろうとは言われています。

このシエンタとフリード、ミニバンとしてはよく比較にされる2台であります。
ミニバン購入の候補に浮上して決めきれないという人も居るでしょう。
ではどっちを買うべきか?比較しながら見ていきましょう。

まずは外観チェック

シエンタ

まずは車体サイズを見てみましょう。

○シエンタ

全長 4235mm 全幅 1695mm 全高 1675mm~1695mm

ホイールベース 2750mm

重量 1310~1380kg

○フリード

全長 4215mm 全幅 1695mm 全高 1715mm~1745mm

ホイールベース 2740mm

重量 1280~1400kg

シエンタはフルモデルチェンジによりボディサイズがお大きく変わりました。
結果フリードと同等のサイズになりました。しかしそれでも全高はフリードより40mmほど低いのが特徴です。

シエンタはこれだけ先代より大型化したにも関わらず5ナンバーに収まっています。
フリードももちろん5なバーサイズです。
車体サイズによる比較は互角といったところでしょう。

シエンタは正面が大きく変わり丸っこい顔からトレッキングシューズをイメージしたキリリとした顔つきに。
細長い切れ長のヘッドライトが印象的です。

対してフリードはいつもの、よくあるミニバン風で安心感のある佇まいです。
だれでも人を選ばず乗れる安心感が有ります。

これは完全に好みの差でしょうか。

さて、側面に回ってみましょう。
シエンタもフリードもスライドドアを装備していますが新型シエンタのスライドドアは665mmまで開くようになりました。
フリードは660mmなので差はわずか5mmではありますが・・・。

次にフロアまでの高さですがシエンタが330mmなのに対してフリードは390mmと結構な差ができています。
乗り込みやすさはシエンタのほうが上でしょう。

積載スペースはシエンタが上

積載性ですが高さこそフリードの方がありますが
荷室の幅がシエンタは1260mm、フリードが700mmと大きな差が有ります。
奥行きの差はシエンタ1430mm、フリード1415mmと大きな差はありません。

特に問題なのが両車のサードシートの収納方法です。
シエンタは前方に折りたたんでセカンドシートの下に収納できるために広くフラットな床になりますがフリードは左右跳ね上げ式のためどうしても窮屈になってしまいます。
やはり積載性ではシエンタの勝ちでしょう。

走行性、燃費はどうか

新型シエンタは上記までの居住性の向上は目覚ましいのですがエンジン自体はそう大きく変化しておらずわずがに最高出力と最大トルクが上がった程度です。
この点はフルモデルチェンジしてもフリードにはかなわないようです。

燃費ですがこちらは流石に後発のシエンタがやはり上になります。

シエンタ ガソリン車 20.6km/L ハイブリッド車 27.2km/L

フリード ガソリン車 16.6km/L ハイブリッド車 16.6km/L

実燃費はコレよりは下がってきますがそれでもシエンタが上の結果になっています。

最後に価格についてですがやはり後発のシエンタのほうが高いですね。

シエンタ

ガソリン車 1,816,363~1,980,327円

ハイブリッド車 2,226,763円~2,329,855円

フリード

ガソリン車 1,746,000円

ハイブリッド車 2,210,000円

フリードよりシエンタの方が10~20万円ほど高いのがわかりますね。
この価格差をどう見るべきか考えものです。

さていかがでしょうか?
車というのは乗る人にとって必要な物が何かにより優劣はその人によって決まります。
今回、シエンタとフリードのどちらが良いかというテーマで比較してきましたが結果を見れば居住性が大きく向上したシエンタのほうが良いとは言えそうでは有ります。

価格が少し高くはなりましたが、その分燃費も向上しており長く乗るのであれば十分な結果を得られるでしょう。

ただひとつ、走行性能に関してはやはりフリードが上のようです。
多少でも走りやすさを求めるのであればフリードにするほうが良いかもしれません。
しかし普段使いでそんなパワーを必要とする場面にならないという人であれば
シエンタでやはり十分でしょう。

今回は総合的に考えてシエンタを買うべき、と結論づけたいと思います。

とはいえフリードもそろそろフルモデルチェンジが噂された時期に差し掛かっています。
その時はまた大きく評価が変わってくるのでしょう。

次はその時に再評価してみたいと思います。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

ノアとヴォクシーの違いを比較、ほぼ同じ車って本当?

高級志向ミニバンと言うジャンルが確立されて、今ミニバンが大人気です。 エスティマやセレナのよう

記事を読む

夫婦と赤ちゃん

ヴォクシーの口コミから分かる人気のわけ

全体にまとまっているバランスの良い車 口コミ情報を見ていると、とにかくよく目にする言葉があります。

記事を読む

交渉

ヴォクシーの値引きはどれくらいまで可能?

意外と大幅値引きが期待できるヴォクシー 結論から言うと、車体価格で10万円~45万円ほど、そしてオ

記事を読む

プリウスα

ミニバンの中でも燃費が一番いい車種はどれ?

ミニバンという枠組みであれば…プリウスα やはりというべきでしょうか、ミニバンという大きな枠組で燃

記事を読む

運転する女性

【ココが違うよ!】エスティマとアルファード【詳細検証!】

天才タマゴというコピーを持つエスティマとハイエース系連合軍後継モデルとして生まれたアルファード。

記事を読む

運転する女性

ミニバンで価格が安くてお手頃なのはどれ?

近年車選びの中でバランスが良いと人気があるのがミニバンです。 人気があるだけあって市場に流通する中

記事を読む

運転する女性

オデッセイとエスティマ、それそれの違いを洗い出してみよう!

現在のミニバンブームを定着させる起因となったホンダのオデッセイと 天才タマゴの異名を持つトヨタのエ

記事を読む

フリード

コンパクトでも、家族6人以上乗れるミニバンと言えば?

やはり王道のフリードが代表例 やはり真っ先に思いつく車は、ホンダを代表する車であるフリードでしょう

記事を読む

運転する女性

オデッセイアブソルートの乗り心地が良いって本当?

ホンダのオデッセイは1994年に初代が発売され、ミニバンというものを日本に定着させました。 そして

記事を読む

悩む女性

シエンタとモビリオの違いは?どっちが買い?

シエンタとモビリオといえばどちらもコンパクトでありながら多人数を乗せられるファミリー向けとしてはとて

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑