*

大人気のレヴォーグの値引きの限界を調査してみました!

4代目インプレッサをベースとして開発されたステーションワゴンです。
コンパクトカー人気が最盛となっている現在、レガシィが日本国内では大きすぎるという評価が出ている中、レヴォーグが誕生しました。

車体サイズはレガシィに比べてサイズダウンされており、エンジンは1.6L・2.0Lがありどちらもターボ仕様となっています。

車と女性

とてもスポーティな仕様となっていますが燃費もそのわりに17.4km/Lと中々の数字を出しています。

もちろんスバル車と言えばアイサイト。ばっちりフル機能で搭載しています。

そんな走る安全、大人気のレヴォーグですが購入するにしてもお値段は中々のもの。
なんとか少しでも値引きをしてもらいたいところですが、果たしてその限界は・・・?
ちょっと調べてみましょう。

レヴォーグの値引き限界ラインは20万円!

レヴォーグ

レヴォーグも発売当初は中々値下げに応じず厳しい時がありましたが最近は結構応じてくれやすくなってきています。

スバルもレヴォーグをプッシュしていきたようなのでキャンペーンを打つ事も多いので見逃さないようにしましょう。

そして値引き目標限界ラインは20万円ですが内訳としては車体価格が13万、オプションで7万円と言ったところです。

狙っていくオプション項目としては

フロアマット等のベースキット

ボディサイドモール

リアビューカメラ

ガラスコーティング

ビルドインナビ

スバルホーン

ITS車載器

といったところです。

調べてみると中には30万越えをしている方も居ますが相当数のオプションやサービスを付けていたり無茶な交渉をしていたりであまりおすすめしません。

やはりディーラー側にも設定された値引きの限界ラインはありますので飛び越えてくると向こうも拒否感を強めてしまいます。
しかし20万円までなら頑張れば大体は到達できるラインなのでここまでしっかり狙っていきましょう。

値下げの幅には地方差がある

さてその値引きを狙っていく上で店舗を選んでいくわけですが単純に一番近所のお店へ、というわけにはいきません。

実は都会か地方かで結構値引きの差があったりします。
厳密にはどれだけ店舗ごとの競争が激しいかという差になってきます。
なのでディーラーがまばらにしかない所ほど値引きに渋い対応を取られがちです。

また同じスバル系列でも店舗が違えばやはりそこに務める営業マンにとってはライバル関係です。
同系列店が多い地区でも狙って見る勝ちはあるでしょう。

最近は便利なものでグーグルマップなどの地図検索サービスでどのあたりにならディーラーが多いかを事前に調べるのは簡単です。まずはそこからチェックしていきましょう。

下取りを早まらない

値引き交渉をスル上で必ずどこかで話が出ると思うのですがこのディーラーでの下取り。
ここは要注意点です。

確かにレヴォーグは値引きがそれほど引っ張れずそこへ現行の車の下取りを上乗せすれば実質もっと安く買えることにはなります。
しかし、そこで提示される金額は果たしてあなたの車の中古相場価格に見合っているでしょうか?

値引き交渉で膠着してくると「ウチで下取りすれば+○○万円上乗せしますよ」なんて切り出してくると思います。
ついついここでそれならここで決めようなんて思ってしまいそうですが、逆に考えればここでそれだけ上乗せできるならまだオプション値引きができるはず。
「だったらその分でオプション値引きを更に付けて欲しい」と切り返してうまくスルーしていきましょう。

そして必ずしも車は購入する店舗で下取りシなければいけないというわけではありません。
事前に手持ちの車の中古車買取り相場を調べてからもしもディーラーが妥協してもよさそうな価格を提示してきているならそこで売ってしまうのも良いでしょう。

値引き限界の金額がわかったとはいえいきなり20万引いてくれといってもそうはうまくはいきません。
時間も手間もかかる部分はありますが値段が値段のレヴォーグですからじっくりあせらず値引き交渉をしていきたいものですね。

そして今はネットという便利なものがある時代です。中古車の買取相場やディーラーの場所など調べられることはだいたいできるのでうまく活用していきましょう。

あなたの車の最高価格が今すぐ分かる


ズバッとネット一括査定というサービスで、あなたの車の最高額を今知ることができます。

実際に自分がスマホでやってみたところ、ボロボロの車でも35万円の査定額になりました。

そしてなによりその価格で売れました!新車値引きと合わせると50万円ほどお得に買えました!

無料で使えますから 新しい車を買いたいなら利用する価値ありです。

>>無料の複数社一括見積もりはこちら

関連記事

車と男性

アベンシス ワゴンには色々グレードがあるけど、どう違うの?

トヨタのアベンシスワゴン、なんと欧州からの逆輸入の形で国内で流通している車です。 その台数も総数1

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッドの値引きを狙うには競合車が必要!

シャトルハイブリッドはフィットシャトルをベースとし、日常の足から使い方をレジャーなどへとよりアクティ

記事を読む

車と夫婦

カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だけなら聞いたことがないという人

記事を読む

車と男性

ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で活躍しています。 その機能性

記事を読む

車と女性

レヴォーグの人気のひみつを口コミから調査!

大人の男性に、人気のあるスバルレヴォーグ 最近では珍しいステーションワゴンという車種で、スポー

記事を読む

車と家族

アテンザワゴンのガソリンとディーゼルエンジンの違いは何?

近年のマツダはCX-3やCX-5発売によりよりいっそうクリーンディーゼル車のマツダというイメージがつ

記事を読む

車と男性

アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォルクスワーゲンといった所が有名で

記事を読む

車とカップル

家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと車に乗り込み泊まる場所の宛もな

記事を読む

車と男性

シャトルハイブリッドみんなの評価は?口コミを調べよう!

ホンダのシャトルは2015年に発売されてまだあまり間のないステーションワゴンです。 元々はフィ

記事を読む

車と女性

シャトルハイブリッド試乗!そして分かった乗り心地は…

ホンダのフィットシャトルシリーズから2015年、シャトルとして独立し、そして後継でもあるシャトルとし

記事を読む

車とカップル
家族でウイングロードに車中泊する時気をつけることは?

最近少人数家族が流行りになりつつ有ります。 特に予定も立てずフラリと

車と男性
ウイングロードライダーの中古車の相場はどのくらい?

日産のステーションワゴン、機能性に特化し、商用から日用まであらゆる所で

車とカップル
ウイングロードの燃費はいかに?他車と比較した結果…

日産のウイングロードは1996年登場した、サニーをベースに開発されたス

車と夫婦
カローラ フィールダー ハイブリッド の評価を口コミで知ろう!

カローラといえば長くトヨタの人気車であり、値段も手頃ということで名前だ

車と男性
アベンシス ワゴン、中古車の相場は今どうなっているのか

欧州で車のメーカーといえば、BMW・ダイムラー・ルノー・オペル・フォル

→もっと見る

PAGE TOP ↑